FEEL THE RHYTHM OF KOREA SEASON2 韓国WEBさんぽ

仏国寺(プルグッサ)

LOCATION01

仏国寺(プルグッサ)

仏国寺は仏教寺院で、751年に新羅時代の宰相・金大城が建立したと言われています。境内には新羅仏教芸術の傑作と称えられる7つの国宝があり、韓国の名勝・史跡第1号に加え、ユネスコ世界文化遺産にも登録されました。

[アクセス] KORAIL「新慶州駅」からタクシーで約45分

仏国寺周辺の
見所はココ!

  • 慶州(キョンジュ)ワールドアミューズメント

    慶州ワールドアミューズメントは南部エリア最大のテーマパークで、スリル満点のアトラクションを満喫できるエックスゾーンが代表的な施設です。夏はウォーターパーク「カリフォルニアビーチ」、冬は韓国最長の250mスロープで各種ソリを楽しめます。さまざまなアトラクション、各種施設、レストランなどを備え、お出かけにぴったりの場所として人気を集めています。

    [アクセス]「普門観光団地バス停」から徒歩10分

  • 普門湖(ポムンホ)

    明活山(ミョンファル)の城跡につくられた50万坪の人工湖で、周囲にはリゾートホテルや慶州ワールドなどがあります。山道と自転車道が整備されており、ハイキングコースとしても人気。春には見渡す限り桜が咲きほこり絶景スポットに。4月には慶州桜マラソン大会も開催されます。

    [アクセス] KORAIL「新慶州駅」からタクシーで約30分

  • 皇理団(ファンニダン)キル

    皇理団キルは、伝統韓屋のカフェや食堂、写真館などが数多く軒を連ね、常に若者たちであふれる人気スポットです。皇理団という名称は、ソウル・梨泰院にある若者に人気の通り・経理団(キョンリダン)キルにあやかってつけられたもの。60~70年代の建物などがそのまま残り、レトロな雰囲気を感じることができます。

    [アクセス] KORAIL「慶州駅」から徒歩約20分

    出典:韓国観光公社visitkorea

慶州&安東で
食べるならコレ!

  • キョリキムパプ

    慶州名物のキンパがキョリキムパプ。薄焼卵を細かく刻んだものがご飯と1:1の割合で入っているのが特徴です。海苔に塗られたゴマ油も控えめで、卵の甘みを感じられるさっぱりした味わいです。本場慶州へわざわざ食べに行く価値あり、と韓国人にも大人気のご当地グルメです。

  • 城東(ソンドン)市場夜市

    1971年、慶州駅を中心に作られた慶州を代表する在来市場で、各種の食べ物から慶州の特産品がいっぱいで、旅行客の必須コースとなっています。

慶州&安東の
おみやげならコレ!

  • 皇南(ファンナム)パン

    慶州のおみやげの代表格といえば皇南パン。1939年から慶州・皇南洞で販売されている餡入りのお菓子で、甘さ控えめで食べやすいと人気です。1994年に郷土伝統飲食に指定され、慶尚北道名品第2号にも登録されています。

「慶州(キョンジュ)&安東(アンドン)編」
の他のロケ地を見る

  1. LOCATION02

    月映橋(ウォリョンギョ)

    月映橋は、慶尚北道安東市象牙洞と城谷洞をつなぐ安東湖にかけられた橋で2003年に開通しました。長さ387m、幅3.6mの木造橋で、橋の真ん中に月映亭があります。夜になると橋全体がライトアップされて美し…

    詳しく見る

  2. LOCATION03

    瞻星台(チョムソンデ)

    慶州の歴史遺跡地区内にある名所で、ドラマでも有名になった善徳女王の時代に作られたと推測される東洋最古の天文台です。新羅の王たちがここで空の観測を行ない農業の時期を決定していたという説や、国家の吉凶を占…

    詳しく見る

  3. LOCATION04

    屏山書院(ピョンサンソウォン)

    もともとは豊岳書堂と呼ばれ、豊山県にあったものを1572年に儒学者の柳成龍(リュ・ソンニョン)が後学養成のために現在の場所に移しました。その後1614年に儒学者たちが柳成龍の位牌を祀り、業績と学徳をた…

    詳しく見る